Late Spring (1949) / 晩春

『晩春』(ばんしゅん)は、1949年(昭和24年)に公開された小津安二郎監督の日本映画。
原作は、作家の広津和郎が熱海に滞在中に書いた小説『父と娘』である。
娘の結婚を巡るホームドラマを小津が初めて描いた作品であり、その後の小津作品のスタイルを決定した。小津が原節子と初めてコンビを組んだ作品でもある。なお、本作および後年の『麦秋』(1951年)、『東京物語』(1953年)で原節子が演じたヒロインはすべて「紀子」という名前であり、この3作品をまとめて「紀子三部作」と呼ぶこともある。

1949年度の「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門で1位に輝いている。日本国外でも非常に高い評価を得ており、英国映画協会(BFI)選定の2012年版「批評家が選ぶ史上最高の映画トップ50」で15位に輝いている。

 ・ amazon : Late Spring (1949) / 晩春

 ・ Hulu : Late Spring (1949) / 晩春

Late Spring (1949) / 晩春のあらすじ

早くに妻を亡くし、それ以来娘の紀子(原節子)に面倒をかけてきた大学教授の曾宮周吉(笠智衆)は、紀子が婚期を逃しつつあることが気がかりでならない。周吉は、妹のマサが持ってきた茶道の師匠・三輪秋子(三宅邦子)との再婚話を受け入れると嘘をついて、紀子に結婚を決意させようとするが、男が後妻を娶ることに不潔さを感じていた紀子は、父への嫌悪と別れの予感にショックを受けてしまう。マサの持ってきた縁談を承諾した紀子は、周吉と京都旅行に出かけ再度心が揺れるが、周吉に説得されて結婚を決意する。紀子が嫁いだ晩、一人家に残る心を決めた周吉は、人知れず孤独の涙を流す。

関連記事

  1. Equinox flower (1958) / 彼岸花

  2. 100小津安二郎.com

  3. The Munekata Sisters (1950) / 宗方姉妹

  4. The Flavor of Green Tea over Rice (1952) / お茶漬の味

  5. Tokyo Twilight (1957) / 東京暮色

  6. Tokyo Story (1953) / 東京物語

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。