100小津安二郎.com

小津 安二郎(おづ やすじろう、1903年(明治36年)12月12日 – 1963年(昭和38年)12月12日)は、日本の映画監督・脚本家。「小津調」と称される独特の映像世界で優れた作品を次々に生み出し、世界的にも高い評価を得ている。「小津組」と呼ばれる固定されたスタッフやキャストで映画を作り続けたが、代表作にあげられる『東京物語』をはじめ、女優の原節子と組んだ作品群が特に高く評価されている。伊勢松阪の豪商・小津家の子孫にあたり、一族には国学者の本居宣長がいる。

Yasujiro Ozu / 小津安二郎の監督映画作品

1949年以降の小津安二郎監督の作品を紹介。

 ・ Late Spring (1949) / 晩春

 ・ The Munekata Sisters (1950) / 宗方姉妹

 ・ Early Summer (1951) / 麦秋

 ・ The Flavor of Green Tea over Rice (1952) / お茶漬の味

 ・ Tokyo Story (1953) / 東京物語

 ・ Early Spring (1956) / 早春

 ・ Tokyo Twilight (1957) / 東京暮色

 ・ Equinox flower (1958) / 彼岸花

 ・ Good Morning (1959) / お早よう

 ・ Floating Weeds (1959) / 浮草

 ・ Late Autumn (1960) / 秋日和

 ・ The End of Summer (1961) / 小早川家の秋

 ・ An Autumn Afternoon (1962) / 秋刀魚の味

  • コメント: 0

関連記事

  1. Late Autumn (1960) / 秋日和

  2. The Munekata Sisters (1950) / 宗方姉妹

  3. An Autumn Afternoon (1962) / 秋刀魚の味

  4. Early Summer (1951) / 麦秋

  5. Tokyo Twilight (1957) / 東京暮色

  6. The End of Summer (1961) / 小早川家の秋

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。